So-net無料ブログ作成
検索選択

アニメ.・漫画は最高 日本が誇る文化 「ONE OUTS 」 [アニメ 漫画]

ONE OUTS

【内容】
『ONE OUTS』(ワンナウツ)は、甲斐谷忍の野球漫画。正式タイトルは『ONE OUTS Nobody wins, but I!』。単行本は全19巻。集英社の「ビジネスジャンプ」1998年24号から2006年18号まで連載された。
2008年10月よりテレビアニメが放送開始予定。またアニメ化に伴い2008年10月1日発売のビジネスジャンプ誌上にて「ONE OUTS 疑惑のオールスター戦編」として連載が再開した。
1998年12月、プロ野球団リカオンズの主砲・児島弘道は、トレーナーの木野崎、若手投手の中根と共に、沖縄県で自主トレに励んでいた。ある日、中根が突き指して児島のバッティングピッチャーを務められなくなり、木野崎は代わりとなるピッチャーを探して、中根と二人で沖縄を歩き回る。そこで彼らは賭野球「ワンナウト」で無敗を誇る男・渡久地東亜と出会う。中根は4万ドル(500万円)を賭けて東亜と勝負し、惨敗。それを知った児島は、ワンナウトが野球を侮辱していると憤慨し、40万ドルを賭けて東亜と勝負するも、敗北。その勝負で自らの弱さを見出した児島は、山にこもって修行に励み、今度は自分の選手生命と東亜の右腕を賭けて、再度ワンナウトに挑戦する。結果、捨て身で勝利をもぎ取った児島は、東亜にリカオンズ優勝への光明を見出し、1999年のプロ野球の世界へと導く。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。